つーか(つうか)の意味・関連語を解説。

つーか

つーかとは、相手に反論したり、話しを切り返す際の言葉。

【年代】 2000年   【種類】 -

 

『つーか』の解説

つーかとは「と言いますか」が崩れた「って言うか」が更に崩れたもので、相手の発言に対し、言い換えたり、反論する際に文頭に付けて使用。
2000年になると反論だけでなく、「才能も実力もあって凄いと思う。つーか、凄いんだよ」、「見ててイライラする。つーか、うざい」といったように、自分が話した内容を強め、畳み込むように言う際にも用いられる。また発言を切り出す時にも文頭に付けて使用する(この場合、つーか自体は特に意味を持たない)。

スポンサードリンク

『つーか』の関連語

オススメ情報